アルバイトも行っているsapixの試験監督

緊張の面持ちの中、子どもたちが将来の夢に向かって努力の結果を残す場の試験。その会場では多くの人が運営を支えています。アルバイトでもsapixの試験監督ということもあり、かなり責任のあるポジションで会場の雰囲気を味わうことができます。

中学受験や高校受験、大学受験など、子どもが大きな分岐点に立たされる機会は数多く存在しますが、真剣に取り組んできた成果を出すというのは大きなプレッシャーがかかります。sapixでは試験監督のアルバイトを募集していることがありますが、なかなか触れることのできない機会だからこそ、明日への活力をもらうために参加したいという志願者が多いのも現状です。

何年も時間をかけて対策を練ることができる資源は、子どもにとっては貴重な存在。保護者と一緒に目標を掲げて真剣に向き合ってきたからこそ、試験で100%の力を出し切りたいという意向は誰しもあります。

モチベーションが低い状態で受講している子どもが少ないsapixのワケは、講師陣が熱心に子どもの状態に合わせて指導を施してくれるため、学習が嫌いというスタンスを子どもが抱かない点にあります。

前向きに進むことができる心を養うことは、学校の教育の中ではアプローチされない場合が、保護者が欲しているレベルに達していないという場合もあるため、家庭で育てていかなければなりません。

だからこそ、sapixの試験監督を募集するほど多くのテスト対策を講じることによって、緊張感を体に刻みつつ、プレッシャーをはねのけて自分の能力を発揮することができるような練習を積むのではないでしょうか。

夏期講習や冬期講習など、新たに教育の魅力に触れるという子どもが多いのもsapixの特徴。これから受験に向き合うことになるからこそ、自分にとって有意義であるかを講習を通して模索するというのは一般的です。

合格実績では他の家庭教師が学習塾から比べても、非常に群を抜いた成果が出ており、子どもの努力を引き出す指導の粋が結果に活かされているのがわかります。偏差値アップはもちろんのこと、学習に対する構えを養う上でも、小学校低学年から利用しているという家庭も多いのが特徴的。

学年ごとに目標を設けており、進学したいと思っている学校に沿った対応をそれぞれ行っているからこそ、トータルバランスも安定していることが伺えます。

まずはsapixの試験監督を保護者が体験しながら、子どもが学習に向き合う姿勢を鑑みつつ、今後についてを検討するのも一つのスタイルです。