サピックスで五年生が行うべき学習について

サピックスは学年ごとに経験できるエッセンスが異なり、どんどん知識拡大を促すことができるようになっているのが特徴の一つです。サピックスの五年生クラスは、マンスリー確認テストをはじめ、復習テストや組分けテスト、実力診断や志望校診断などのテストも行われています。

特に力を入れている討論形式の黒板授業は、子どもが学びたいという意識をどんどんアップさせる魅力があります。双方向の授業を展開することによって、自分では考え付かなかったイメージを頭に残すことができるようになります。

少人数制で行われているサピックスの授業は、毎日の学習にも大きな効果があります。講師から学ぶ部分が多いものの、子ども同士から学べる要素もあり、自分で学習しているだけでは触れることができない概念にも対面することができるのが特徴です。

やり取りを大切にしながら、機械的な学習にならないように配慮されているのは非常に大きな特徴でもあります。個別学習形式では経験できないメリットを有し、個別学習のように個人のスキルに合わせてクラス編成を行うからこそ、現在欲しているスキルアップを集団指導の中で実現したのがサピックスの人気にも繋がっています。

サピックスは五年生でも春季、夏期、冬期など、講習を集中的に行っている時期もあり、普段は触れることができない部分をピックアップすることもできるようになっています。

これから志望校別に学習が分かれるという分岐点にある学年でもあり、サピックス似通っている五年生は忙しいという印象があります。しかし、忙しさは成功への道筋となっており、難関校でも多くの子どもを排出するという結果に至っています。

テストの結果は日々の学習にフィードバックさせるからこそ、毎日の学習も意義のある形に移行することができるようになります。進捗状況を講師も確認しながら個別に支援をコーディネートすることによって、保護者がシンプルに子どもの教育支援を行うことができるのです。

保護者会もあり、これからの生活スタイルの検討や、学習内容の検討にも繋げることができるのは大きな魅力です。サピックスの五年生は、何も対策を講じていない子どもに比べて確実に基礎学力が異なります。

メリットを多く含んだ学習スタイルが提示されているからこそ、六年生に至る過程を、意義のある時間とすることができるのです。目的意識を高めることができるサピックスの五年生クラスは、大きな変化の前触れであるととらえるべきです。