大学受験を迎えるにあたっての心構え

大学受験は試験の方法がさまざまであり、試験の実施時期も幅広いです。特にAO入試については高校3年生の4月からエントリーの受付をはじめることも珍しくありません。したがって、志望校は2年生のうちにある程度絞っておくことが大切です。特に珍しい学部への進学を目指している場合や、学部にこだわらず「この大学に入れれば良い」というような場合は、早め早めの行動を心がけましょう。「とにかくその学部、その大学に合格をするために受けられる試験はすべて受ける」というのも、大切な視点です。与えられたチャンスを貪欲にモノにしていくことは、合格という勝利を勝ち取る上では欠かせない姿勢です。志望校を絞り込んで願書受付開始時期や試験時期を確認して、十分に試験対策を行うことのできる体制を整えておきましょう。

一方で、多様な入試形態に惑わされてしまうのも避けたいものです。一般入試は数学や英語といった学科試験によって選考されますが、推薦入試やAO入試では面接や小論文によって評価をされます。したがって受験する試験によって異なる対策をすることが必要です。また担任の先生への相談や願書作成といった手続き上の作業量も増えますし、集めなければならない情報も幅広くなります。ですから受験の中心には、常に「一般入試」を置くべきであるとも言えます。各大学とも募集定員の割り振りにおいては、一般入試に最も多くの人数を割いています。それに比べてAO入試や推薦入試の枠は、格段に狭くなっています。受験者数にもよりますが、人気大学のAO入試や推薦入試では一般入試以上の倍率になることも決して珍しくはありません。よって「AOや推薦はもしも受かれば儲けモノ、本番は一般入試」という心づもりで勉強に励むことが大切です。

一般入試対策として、予備校等を利用する方も多いでしょう。特に難関大学を目指している受験生は、予備校単位というよりは講座単位、講師単位で学習の場を選択しているように思います。「今でしょ!」の流行語で話題となった東進ハイスクールの林修先生をはじめとして、大手予備校には個性豊かでそれぞれに得意分野の異なった先生が多いですからね。予備校を科目によって複数掛け持ちするというのも、決して珍しくはありません。しかし志望校合格には、当然ながら受験生本人の強い意思が不可欠です。ただ講義を受けるだけではなく、しっかりと復習をして弱点をひとつひとつ埋めていくという前向きな姿勢を心掛けて、予備校や人気の先生に依存し過ぎることの無いようにしなければなりません。