中学受験のブラック塾なる存在

中学受験と言えば個別指導塾の存在はとても大きなものです。入る塾によって進路が決まると言っても過言ではないと豪語する人も居るほどです。確かに、中学受験は子供の学力はもちろんですが、情報戦の様相もあります。塾はその「情報」をしっかりと蓄積していますので、学校よりも頼りになる存在と言っても良いのですが、塾と言っても様々です。また、近年ではいわゆる「ブラック塾」と呼ばれている、出来れば回避した方が良いとされている塾の姿がちらほらあるようです。

具体的にどのような塾が「ブラック塾」とされているのか。大前提としてが、営利を追求している学習塾という事になります。塾は公営サービスではありませんので、営利を追及するのは当たり前ではあるのですが、営利の対価として学習サービスを提供しているのです。その学習サービスの質が著しく低かったり、ともすると中学受験のノウハウを持っていないといったケースすらあるようです。これは本当に論外と言わざるを得ないでしょう。また、体験入塾はいつでも門戸を開いているものの、実際に体験入塾を一日でも行ったら、しつこい勧誘が待っている。このようなケースもあるようです。

塾としても少子化の影響のおかげで、生徒の奪い合いとなっている部分がありますので、どうしても過剰な勧誘をしてしまうケースもあるようですが、それが日常的ともなると「ブラック塾」といわざるを得ないものです。

また、そのような塾であっても進学実績が素晴らしいものだったり、中学受験のノウハウをしっかりと持っているようであれば何ら問題ないのですが、そのような塾に限って進学実績も大したものではなかったり、受験のノウハウすらあまりなかったり、サービスらしいサービスがあまり行われていなかったりするのです。学習塾の「質」は言うまでもなく学習サービスです。

近年の学習塾の中には、教えるだけではなく、自習室を開放してくれたり、インターネットを活用して授業を行ってくれたりと、学習サービスそのものも多様化しているのですが、ブラック塾と呼ばれている塾の場合、サービス面での努力があまり見られず、とにかく生徒を獲得するためだけの努力しか行っていないのです。学習塾にとっての努力は、様々なサービスを用意する事ではありますが、それはあくまでもプロセスであって、本来の目的は基本的には生徒の学力向上です。中学受験に特化した学習塾であれば、受験成功という結果です。

ですが、ブラック塾の場合、とにかく営利です。利益をという思いから、強引な勧誘等を行っているのです。

無料キャンペーンを行ったり、あるいは友人紹介キャンペーンを生徒に行わせたり。これは、裏を返せば学習指導には自信がないからこそ、このような形での「営業」を行わなければならないのです。学習指導そのものに自信があれば、黙っていても生徒は増えてきます。子供を預ける親としても、お金の問題はありますがやはり結果が欲しいのです。中学受験をと考えているのであれば尚更です。

得体の知れない無料の学習塾と多少高いものの、進学実績の素晴らしい、説得力に溢れている学習塾のどちらを選ぶのかと言えば、言うまでも無いのではないでしょうか。学習そのものを売りにするのではなく、他の部分で勧誘してくるような塾というのは、学習サービスではアピール出来ないと言っても良いでしょう。ですので、このような学習塾は控えるべきです。生徒の事を考えているのではなく、あくまでも利益を第一に考えているのですから、いざという時にどうしてもその姿勢が出てきます。相談しても、おかしな答えだったり、ともすると「違う塾に」といったように、最終的に責任放棄するケースもあるのです。