中学受験に必要な学校での佇まい

中学受験をと考えた時、学校での佇まいもまた、気をつけなければならない点が出てきます。これは教師次第の面もあるのですが、仮に教師が中学受験に対してあまり良い感情を抱いていないのであれば、中学受験をする事を公言しない方が良いケースだってあるのです。

公言してしまったがために目の敵にされてしまったという経験をお持ちの方は、実は珍しくないと言われています。また、個別指導塾に通っているのであれば、個別指導塾を優先するかのような言動も慎むべきです。学校行事を軽視して個別指導塾に通う。中学受験を控えているのであればむしろ当然ではあるのですが、教師からすればあまり良い感情を抱かないでしょうから、この点も気をつけなければならないのは言うまでもありません。

更に、中学受験を目指して塾に通っている場合、学校の授業はすぐに終わらせ、受験に特化した勉強を進めるようになります。そのため、学校の授業が退屈なものに思えてしまうでしょう。これは進行具合の差ですから仕方ないのですが、それを露骨に顔や行動に出さないようにすべきです。「解っているから寝てていいですか」なんて口走る小学生はそうそういないでしょうが、そのようなニュアンスの事は慎むべきです。やはりこちらも教師に対して良い印象を与えるものではありませんし、あらぬトラブルとなってしまったら大変です。

学校と塾は別物です。この点は親はもちろん、子供もしっかりと理解しておかなければならない部分なのですが、子供は素直で純粋です。そのため、ついつい知っている事を披露してしまいたくなったり、ついつい得意面をしたくなってしまうものでもあるのですが、それが受験にはマイナスとなってしまう事だってありますので、そのような事は控えるよう子供に告げておくべきです。

実際、中学受験を目指している家庭では、中学受験をする事を公言せずに秘密にしているというケースも珍しくありません。周囲の視線が変わってしまう事を恐れているのはもちろんですが、先の話しではないですが、公言したがために受験が上手くいかなくなってしまう事もあるのです。学校において教師の存在というのはとても大きなものです。普通に卒業するだけであればそこまで意識する必要はないかもしれませんが、中学受験をと考えている場合、教師次第でどうとでもなると言っても過言ではないのです。敵に回して得をする事など何一つないのです。

良い成績を収めるのはとても大切ではありますが、かといって塾に通っている、あるいは中学受験する事を鼻にかけて周囲の顰蹙を買うくらいであれば、波風立たせない方が良いのは言うまでもありません。特に中学受験の場合、試験はもちろんですが、書類審査がある所も多いです。

そしてその書類を誰が作るのかと言えば、学校の教師なのですから敵に回したら何を書かれているのか解らないという状況なのです。弱みを握られていると言うと少々御幣がありますが、実際そのような状況となっているのですから、学校での日常生活もまた、ある程度気を使わなければならないのは言うまでもありません。子供は素直ですから、その点の自制が効かず、ついつい中学受験を公言してしまったりするものではあるのですが、内密にしておくよう注意しておくべきです。

内密にしていても周囲は何となく勘付くものですが、公言するかしないかによって印象は大きく変わります。中学受験が義務ではない以上、周囲に協力を強要する事は出来ません。仮にですが「塾に行くから行事に出れません」などと告げて「じゃあもう学校に来なくて良い」などとなってしまったら、先生からの評価は期待出来ませんから、受験の結果も見えてしまうのではないでしょうか。