成績が良くないけど私立中学に通わせたい

中学受験を考える生徒は優秀な生徒ばかりという意見は、必ずしも当てはまるものではありません。確かに傾向としては優秀な生徒程中学受験を目指す傾向にあるのですが、私立の中学と言っても様々です。名門大学への近道となる中学もあれば、中高一貫ではあるものの、決して偏差値がそこまで高い訳ではな所もあるのです。そのような私立中学に通わせてメリットがあるのかと思う親もいるかもしれません。確かに名門でなければ別に高校受験でも良いのではないかとも思うでしょう。

何も幼い小学生に受験という重荷を背負わせる必要はないのではないかと思う気持ちも解らないものではないのですが、中高一貫の学校に通うメリットはとても多いです。更に、優秀ではないからと言っても行ける私立中学校はとても多いです。学力に合った私立中学を選べば良いだけの話しなのですから、決して無理難題という事ではありません。

ですが、一般論として、中学受験をと考えている親や子供は出来ればレベルの高い所にと思っているのです。レベルの高い学校に通った方がレベルの高い授業を展開してくれますので、結果、将来も良い大学に入れるようになりますし、よりよい環境にい続ける事が出来るようになるでしょう。

ですが、必ずしもそうでなければならないという事もありません。例えば先に出た中高一貫のメリット。中学生が高校受験をと思うと、物心が鮮明についていますし、何より学力の差が顕著となってしまっていますので、受験戦争がよりシビアなものとなってしまっているケースもあるのです。

ですが、小学生であればそこまで顕著な差が出ていないという点もあれば、中学の場合どうしてもシビアが過ぎます。成績によって割り振られてしまうという現実のおかげで、受験がきっかけで性格が変わってしまうといった事も珍しくなかったりするのですが、中学受験であればそこまでの影響力がありません。失敗したとしても公立の学校に通えるという、「保証」のようなものもあります。

ですが高校受験の場合、失敗したとしたら保険などないのです。そうそう居ないとはいえ、無職になってしまう可能性もゼロではないのです。そのプレッシャーというのは生半可なものではないでしょう。ましてや思春期です。様々な感情が入り混じり、受験のおかげで性格が変わり、ともすると精神的に大きな影を背負うようになってしまったといったケースすらあるのです。

精神的に弱いという事ではなく、高校受験はそれだけシビアなのですが、中高一貫の学校に通わせれば、高校受験のプレッシャーから開放してあげる事が出来るのです。大学までエスカレーターであれば、中学受験が生涯最後の受験ともなるのです。受験のストレスというのは生半可なものではありません。そのため、出来ればこのようなストレスとは向き合いたくないと思うのも解らない話ではありません。ですが、受験を行わなければ進路が無いという現実もあります。

そこで中学受験です。中高一貫の所に入学するだけでも、例え有名大学を狙えるような学校ではなくとも、受験のプレッシャーから開放される事で、多感な思春期を伸び伸びと生活する事が出来るというメリットがあるのです。個別指導塾もその点を挙げることは多いです。このように、私立中学は必ずしも名門でなければならないという事はありませんし、誰もが唸るような学校に入学しなければならないといった事はありません。近年では、思春期のプレッシャー軽減のために中学受験を行わせる親も増えていると言われています。成長期のストレスのおかげで、後々まで影響を及ぼすような事にならないとも限りません。リスクヘッジという点で考えても、私立中学という選択肢は決して悪いものではないはずです。