中学受験対策で進学塾と家庭教師を併用する理由とその効果

中学受験のための学習をしているご家庭では、受験用の塾に通っているご家庭が多いと思います。もしくは、私学の中学受験指導をする小学校と通信教材をつかって中学受験準備をしている方もいるでしょう。いずれの方法をとっているにせよ、受験にはテストに出る範囲を予想し必要とされる学力をつける必要があるため「情報」が必要です。塾、家庭教師センターや通信教育は、受験生に対し第一義的にこの情報を提供する役割があります。では、この情報をもとにどのように学習をすれば合格するのか?合格につながる学習について整理します。

合格するために必要なこと。合格するために必要なことは、合格に必要な学習をすることです。当たり前のことですが、この合格に必要な学習を「こなす」ことができる子が受かり、出来ない子が縁がなかったという結果になります。そして、こなすべき内容は、お子様だけでは判断できません。合格に必要な学習とは、試験で要求されている範囲を明確にし、その中から点が取れる問題と、差をつけるための問題を分けて学習することです。

 中学受験指導のプロは、点が取れる問題は、確実に解けるようにし差がつく問題でお子様の能力をどれだけ伸ばせるかの判断をします。この判断は、どうしても大人がしてあげる必要のある部分です。多くのご家庭で中学受験用の進学塾を選択する理由は、この振り分けをプロに託せるからです。しかし、振り分けた後の学習が、実は合格につながる最も大切なのです。それは、家庭学習の中でいかに「こなす」かにかかっているからです。そこで、学習をこなせるように、塾と家庭教師を併用するご家庭がおおいのです。塾での内容を確認し、理解が不足している所を補う家庭学習を効率よく確実に積み重ね受験に合格できるレベルの学力を家庭教師の指導をプラスすることで養うのです。

算数の強化は、進学塾に通っているお子様は、塾の進度に合わせて家庭学習をされているでしょう。中学受験対策をする塾は、算数の進度が早く反復学習をしていると思います。中学受験において算数は、とても大きなウェイトを占めます。算数の出来いかんによって、志望する学校が大きく左右されます。近年、3教科受験や2教科受験を導入する学校も増えてきたので、算数ができることは、合格への道筋をつける上で必要不可欠なのです。とくに分からないところが分からないお子様や、分からないところを質問することが苦手なお子様には、家庭教師の察する力が効力を発揮します。

 塾に通い始めて半年経っても算数の成績に変化が現われなかったら、家庭教師による個別指導について考慮してよいでしょう。今までの学習の中で何か理解できていないところがある可能性が高いからです。集団講義型の塾では、どうしても一定のスピードで進んでいかざるをえないのです。お子様の個性に合わせて家庭教師と塾を併用することで、理解が追いつかないところを補強でき鉄板の受験対策となります。