意外と難しい社会の中学受験対策について

中学受験で社会は暗記すれば良いだろうと安易に考えている親子が多く存在します。確かに記憶すれば問題を解くことができる教科という特徴はありますが、本質はそんなに優しいものではありません。

特に社会を空間的に処理する力がなければせっかくの得点源で稼ぐことができずに、挽回できないまま引きずってしまうというケースも少なくありません。

社会の中学受験対策を取るのであれば、苦手意識をなくし、オールマイティーに対応することができる力を養うべきです。得意分野と苦手分野があると、試験の問題比重によって、稼ぐことが難しくなることも想定されます。

一方、地理や歴史など、満遍なく対応することができるようになれば、どのような組み合わせで試験問題が出題されたとしても、十分な結果を期待することができるようになります。

中学受験における社会は、地理、歴史、公民に大きく分かれています。その全てを網羅することによって、社会の攻略が可能になります。受験対策を行うのであれば、まずは学習が一番初めになる地理を総ざらいすべきです。

それから歴史・公民と流れていくことによって、趣旨を押さえながらの学習ができるようになります。地理の学習には、社会を攻略するためのヒントが満載です。地理の学習で使われている用語がわからなければ話になりません。だからこそ、専門用語は読んで書くことができるスキルが必要です。

漢字が間違っていると、点数がもらえないものも多くなっているため、正しい表現で記憶することが、社会で無駄なロスを減らす突破口にもなります。曖昧なままひらがなで覚えていても、運用レベルとしては十分ではありません。

特に中学受験の社会は地名や人名、歴史的な事件などが漢字で記述しなければなりません。基本的には小学校で習う漢字を用いたものが多いため、まずは国語力に不安がある場合には、並行して漢字の強化に努めるべきです。国語のスキルが主要教科の成績を引き上げることは言うまでもありません。

中学受験の社会は自分なりにまとめることによっても記憶の手がかりになります。資料を見ただけで記憶したとしても、設問に対する答えのパターンを学ばなければ対応力のアップにはならないため、自分なりに表現できるくらいの理解力が重要です。地理・歴史・公民など、社会はさまざまな分野が存在します。その中でも自分なりに特色ある内容を頭に入れることによって、求められた問題に対する最高のパフォーマンスが発揮できるようになります。