中学受験の社会における歴史の確実な学習方法について

中学受験の社会の中でも大きな柱となる歴史の対策は、確実なステップを組んで学習することによって、大きな効果を得ることができるようになります。特に点数が稼げずに悩んでいる場合には、問題を洗い出すことによって、不得意科目から得意科目へと成長を遂げる場合があります。

中学受験の歴史の誤った学習法としては、社会だからと丸暗記をしようとする姿勢です。いくら柔軟な年齢であっても、記憶できる量には限界があります。効率よく記憶していかなければ、実践で利用できるだけのものは手に入りません。

では、歴史の学習はどのように行うべきなのでしょうか。一つの方法論としては、同時処理と経時処理を上手に使い分けることにあります。同時記憶とは目で見て瞬時に処理する力です。年号を見たときにどんな事件があったかを思い起こすことができるかが、このような処理にあたります。一方、経時処理は、時間の経過に沿って記憶したものを掘り起こすものであり、歴史の事件がどのように発生して、終了を遂げたかを説明できる能力になります。

このどちらのスキルも満足に運用できるレベルに達することができれば、社会での得点源を押さえたことにも繋がります。特に歴史的背景を時系列に考えることができるようになれば、歴史に対する苦手意識は消失します。

中学受験の歴史は暗記するのではなく、一つの物語として歴史を把握することによって、キーワードから歴史全体を想起することもできるようになります。つまり、一部分が問題に描かれていたのであれば、人物や行動、結果に至るまでをイメージしながら問題に望むことができるようになります。

魅力的な社会の戦略の一つとして、このような処理の使い分けを行うことが、確実な学習方法の取得へを繋がります。語呂合わせなどを有効利用することも大切ですが、まずは全体を捉えて詳細についても掘り下げていくことが、色々な事柄にリンクし、問題に対する解決力を養うことができるのです。

中学受験の地理的な面での解釈も進むようになれば、地理と歴史の概念を合わせて記憶を強めることも夢ではなくなります。まずは歴史単独で考えるのであれば、思い描けるパターンを増やしていくことが、点数を重ねる秘訣にもなります。

専門用語を覚える場合においても、想起することができるエピソードが多いほど、掘り下げた問題にも対応する力となります。漢字で覚えることも重要であり、なぜそのような名称がついたかの背景も学ぶことによって、結びつきの強さをアップさせることも可能になります。