中学受験、中学入試の算数攻略は図形が一つのカギとなる

中学受験でも多くの問題が設定されている図形に関する問題は、公式を知っておくというのはもちろんのこと、いくつもの概念を組み合わせて解いていく必要に迫られるものも多数存在します。

十分な解釈を行って問題の計算に取り組まなければ、意図したものとは違った方向性を持つことがあります。使うべき公式が適切でなければ、つじつまを合わせることも難しくなります。

図形の捉え方については、いくつものポイントがあるため、まずは対策の問題集を確認しながら、総ざらいすることが必要になります。最も基本となる面積を求めるためには、それぞれの図形に対応した公式を頭に入れておく必要があります。

また、長さや角度を求めながら、最終的な面積の設問に取り掛かるということも少なくありません。論理的思考が問われる算数の真髄とも言える図形の問題は、中学受験に成功するための大きな分岐点です。

面積比や相似・合同など、解釈を行う際のポイントがあるものも存在するため、まずは問題を突くコツを学ぶことが、図形を攻略するうえでの支えにもなります。

同じような問題であっても切り口を変えるだけで全く異なる問題として取り掛かることができます。立体的な図形の解釈を問われるものも多くなっているため、立体を切断して裏側部分を換算しながら計算するという高度な処理も必要となる問題も存在。

しかし、算数を解く上でも重要点は、どのようなスタンスで問題を解いていけばいいかという結論を導く作業に尽きます。それができなければ、どれだけ公式が頭に入っていたとしても、図形の解釈が進んでいたとしても、問題に立ち向かうことはできないのです。

図形はパターン化して覚えることができる内容も多く、それが頭の中に入っていれば、問題に向かうのは容易となります。使うべき知識の選択が厳選されるだけでも、時間の短縮には大きな効果があります。だからこそ、パターンを体で覚えることによって、算数に対する恐怖心を拭い去ることが一つのカギとなるのです。

角度であれば三角形の外郭と内角、それぞれの三角形の角度の特徴も知っておくべきです。面積や線分の長さは、多角形の分類や、三角形や四角形をまとめることによる段階的な処理。立体的な図形においては、展開図を頭にイメージすることができるかによって、問題を解くための手はずが効率的になります。つまり、問題のポイントをそれぞれ把握するだけでも、十分すぎるほどの効果を得ることができるのです。