中学受験の算数の攻略に必要な文章の理解

中学受験の算数の計算力は、学校での色々な取り組みの成果が現れやすく、全国的にも向上しています。しかし、文章の理解に関しては個人差が大きく、中学受験を制するためには、問題文を整理して理解する力を必要とするケースが少なくありません。

解釈の柔軟性を考慮するには、論理的に読み解く力が重要です。国語の読解力とは異なる側面を持っているため、単に本を読めば習熟が進むものではありません。国語と違う点は、問題文に関わるところを抜粋することによって、計算式を成り立たせる要素を掴み取ることが、適切な対応へと繋がります。

試しに算数の問題文の計算に必要な要素を、定規で線を引くことによって整理することが可能です。算数の論理が頭に入っていれば、難しいようなものであっても簡単に計算式を考えることができます。

スピードアップを行う場合においても、いかにして問題文の要点を拾い集めるかが、処理を効率的に行うカギとなります。算数は文章の理解が攻略には不可欠であるという理由は、論理立てを行いながら1つしかない答えを探ることが、高得点をたたき出す秘訣となります。

練習問題として長文のものに取り掛かったとしても、結果的に計算に必要な要素は非常にコンパクト。慣れてくるとパズルを解き明かすような快感を得ることも少なくありません。

算数の問題に必要な要素は、いかにして計算に繋げる論理立てを行うかがポイントです。数式を丸暗記していたとしても、運用にこぎつけることができなければ、使い物にはなりません。

実践で役立つ知識を得ると共に、運用をスムーズに行うための方策を手にすることが、算数でロスを防ぐ布石となります。基礎学力をコツコツ養いつつ、問題を解くための手がかりを見つける力を育むことによって、どんな難問に対しても臆することなくチャレンジするスキルが手に入ります。

段階的に処理しなければならない問題も算数には存在するため、いくつかの計算を経て答えにたどり着くことも少なくありません。しかし、大切な要素をとり逃してしまっては、途中でどのように処理すればよいかも迷ってしまいます。パターン学習だけを繰り返していたとしても、算数の文章問題を攻略するには不十分です。

日常生活の中で、論理的に物事を処理する力を養うことが、解釈に強くなる頭を作るのです。それができれば算数の問題を処理するスキルアップも、誰もが期待する水準へと繋がり、難しい表現に臆することなく立ち向かうことができるようになります。