中学受験の算数は○○算に強くなることが重要

中学受験、中学入試で算数を解く場合には、○○算とつくようなスタンスの演算を解いていかなければなりません。苦手意識を持っている場合には、演算に対する経験を積む必要があります。中学受験の突破口としても考えられている重要なポイントだからこそ、苦手なものを得意分野として扱うための経験値が必要になるのです。

中学受験に用いられる○○算の種類としては、年齢算、通過算、鶴亀算、濃度算、仕事算、流水算など、数多くのものがあります。

例えば、年齢算は年齢差を求めた後に、指定された条件に沿った年齢に達するまでの年数を答えるようなものとなります。父が26歳の時に産まれた子が、父の年齢の半分に達するまでの年数を調べる設問など、年齢の操作によって演算を行うものがあります。

他にも、鶴亀算のように、足の違う生物の割合や数を求める演算など、算数の文章を読み解きながら答える○○算は中学入試でも多く聞かれます。

だからこそ、演算そのものの利用方法についてを熟知すると共に、文面を読み進めながら利用すべき方法を絞ることが、算数を攻略する上でのポイントになります。読解力が伴わなければ、○○算の何を使えばよいかの判断もできません。そのためには、文章の正しい解釈を積む必要があるのです。

中学の数学にも繋がる概念であるからこそ、入試の段階で基本的なスキルが問われる○○算。今後の学習に対する基盤となる点を問うのは、学校側が生徒のスキルを把握する上では重要です。

何気なく考える概念も、小学校で習う算数に当てはめると、多くの法則性を見出すことができます。基本的な解釈を養うことによって、利用すべき手段の選択に迷わない力をつくりあげることができます。だからこそ、四則計算を完璧にこなすのはもちろんのこと、文章の内容から論理的に解く力が重視されるのです。

学校によっても選定される問題は異なりますが、必ず○○算を問うものは存在します。難しいと懸念されがちな概念を得意にするだけでも、子どもにとっては大きな武器となるのです。その第一歩として○○算に強くなることは、算数という強化を攻略するための魅力的なスキルアップへと繋がります。

思考力を支える演算を知っておくだけでも、柔軟な発想を持ちながら対応することができるようになります。答えを明確に求めるための引き出しを多数抱えることによって、文章の変化を敏感に捉えながら、対応すべきものを選択することができます。

それが、○○算を用いた問題解決の前進へと繋がるのです。