中学受験はポジティブさはとても大切です

中学受験はとても険しいものです。お世辞にも楽しい物とは言えないものですが、だからこそメンタリティ、特にポジティブな気持ちがとても大切になってくるのです。あまり関係ないのではないかと思うかもしれません。これは楽観視しろという事ではなく、前向きに捉えるという事です。

例えば模擬テストの点が悪い。そのような時には「これから上がっていく」と考える。ついつい寝坊してしまい、勉強の時間が少なくなってしまったら「いっぱい寝て体力を回復する事が出来た」といったように、ポジティブに考えるべきです。これは本人はもちろんですが、親御さんこそポジティブに考えるべきです。期待値、心配、不安から、中学受験は親の方がデリケートになってしまうケースも珍しくなかったりします。

親の方がついついピリピリしてしまい、子供が呑気にしているとそれだけで腹立たしく思ってしまい、「勉強するように」といったように激しく叱責してしまう事もあるのです。親の立場からすると、どうしてもいろいろと言いたくもなってしまうものではあるのですが、勉強するのは子供です。叱責すれば子供のモチベーションを更に下げてしまう事にもなってしまうのです。仮にですが、叱責した事で勉強のモチベーションを低下させてしまったら意味がありません。腫れ物に触るように接しろという事ではないのですが、怒ってモチベーションを低下させてしまっても意味がありません。それよりも、親がまずはポジティブにと心がける。

その親の雰囲気というのは子供にも伝染するものです。勘の良い子供ですと、自分があまり良い状況ではないのではないかと察してしまったり、あるいはどうせ失敗するのではないかと思ってしまったりする事だってあるのです。ポジティブで居た方が良いに決まっています。ピリピリした雰囲気では子供としてもどうしても不安になってしまったりするものです。

中学受験に於いて、一番頑張らなければならないのは言うまでも無く子供です。ですがその子供を不安にさせてしまったり、あるいはあらぬ心配を抱かせてしまったりでは意味がありません。子供がしっかりと勉強出来るよう、そして前向きな気持ちでいられるよう、しっかりと勉強出来る環境を整えてるようにすべきです。そしてそれは子供が一人だけで作れるものではありません。親の立場でしっかりと構築してあげなければならないのです。個別指導塾が頼りになるとされているはそのためです。

中学受験は強敵です。必ず勝てるとの保証もありません。失敗してしまい、結局公立の学校に進む事になったという人も珍しくありません。「努力は必ず報われる」という言葉もありますが、中学受験はシビアです。努力が必ず報われるとは断言する事は出来ません。努力が報われるかどうかではなく、試験に合格する事が出来るかどうかのみが問われているのです。強敵ですので、ついつい不安に思ってしまうのも解らない話ではありません。

ですが、親が不安に思ったら子供は余計不安に思ってしまうのですから、親はとにかくポジティブにと心得るべきです。親も人間です。怒りたくなったり、逃げ出したくなったり、場合によってはやっぱり中学受験を辞めた方が良いのではないかと思ってしまう事もあるでしょう。ですがそのような気持ちを態度に出してしまうと子供としても敏感に察してしまったり、勉強そのもののモチベーションを低下させてしまう事になりかねません。

試験を受けるのは子供ですが、親もまた、親という立場で中学受験と向き合わなければならないのです。その点を考慮した時、親がポジティブさを損ねてしまったら、中学受験に勝利する事など出来ません。中学受験は簡単ではないのですから、その点もよくよく考慮しておきましょう。