中学受験で客観性を持つ

客観性を持つ事もまた、とても大切です。中学受験の際、どうしてものめり込んでしまうものです。これは本人だけではなく、親も同様です。むしろ親の方が期待値から、ついつい入れ込んでしまい、過剰なまでに環境を整えようとしたり、子供に邪魔にならないようにとか、お祈りと称していろいろな神社を回ったりするなど、何かしなければと思ってしまうのも解らない話ではありません。確かにそれも解らない話ではないのですが、客観性を持つ事もとても大切です。個別指導塾もそのような指導をしています。

むしろ客観性を持ち、どこかで冷静になっておかないと中学受験を成功させる事は難しいと言わざるを得ません。客観的に考えたら、中学受験すべきかどうかという根本的な部分から見えてくるはずですし、志望校選びにしても、期待値が入っているとどうしても子供に対して無理を強いてしまうものです。ですが客観性があれば子供の学力を冷静に見る事が出来ますし、何が必要で何が不要なのか。そして子供にはどうすべきなのかといった部分も見えてくるのです。子供の感受性というのはとても鋭敏です。

大人が気を使っていたり、自分のために何かを犠牲にしていたり、のめりこんでいたりすると、少々嫌な気持ちになってしまう事だって珍しくなかったりするのです。子供が嫌な気持ちになってしまったら勉強そのもののモチベーションを低下させてしまい、中学受験どころではなくなってしまうケースすらあります。中学受験の主役はあくまでも子供です。

まずはこの点を冷静に理解する点。そして自分自身が施してあげたい事ではなく、子供が求めている事に応じる。このような姿勢が大切です。過度な期待もまた、客観性を損ねているという事になります。適度な期待であれば子供としても必要以上にプレッシャーとなる事はないでしょう。

ですが過度という、いわば客観性が損なわれてしまっている状況では子供からすれば良い迷惑とすら思ってしまう可能性すらあります。「頑張れ」という言葉一つ取ってみても客観性がないとどうしても子供は負担に思ってしまうものですが、客観的な言葉であれば子供としても適切に受け取ってくれるものです。また、これは応援云々ではなく、学校の先生や塾の講師との面談に於いても同様の事が言えます。客観性を損ねていると、ついつい無理な要求をしてしまったり、おかしな言動をしてしまったり。そこで子供から白い目で見られるだけではなく、中学受験なんかうんざり。

そのように思われてしまう可能性もあります。何のために頑張っているのか。自分が頑張っているのはこんな所で恥をかくためではない。子供心にこのような思いを抱いてしまう事だってあるのです。ですが客観性があればそのような時でも「親」としてではなく、一人の大人として冷静に話し合いに臨む事が出来るはずです。そのような場でスマートな対応が出来ると、子供としても嬉しいものです。そしてそれが受験勉強へのモチベーションへと繋がる事にもなります。親がのめりこんでいると子供としては良い気持ちはしません。

「余計な事は言わなくていいのに」「誰が勉強していると思っているの」といったように、どうしても不満に感じてしまう部分も出てくるのです。親だって人間ですから、期待・不安が入り混じっているのも解ります。ですが、親以上に子供の方が不安を抱いているのです。

客観性がないと、子供の不安を増幅させかねませんし、それが結果的に受験のモチベーションを低下させてしまう事にもなりかねません。あくまでも親として、冷静に対処する事が求められるのだと知っておきましょう。期待が入るとどうしてものめり込んでしまうのも解らない話ではないのですが。