中学受験の国語対策 読解力と解答力を身につけよう

国語の得点に伸び悩む受験生は、中学受験に限らず多くいます。国語の成績を伸ばすためには、どのような対策をとればよいのでしょうか?読解力と解答力に焦点をあて、力をつける方法をまとめてみます。読解力を身につける必要とは?国語力向上のために、社説を読めば良いとか天声人語を写すといった対策を進める声もあります。しかし、ただ読んだり写したりしても国語の成績は上がりません。かつ読解力の無い子供に社説や天声人語を読む作業は、苦痛を伴うと言っても過言ではありません。

国語は、とてもロジカルです。本が好きな子に国語が得意である場合が多いのは、このロジックに気づくことが早い段階で出来ているからです。文章から何を言いたいのかをつかむ力は、全ての教科に共通して必要です。中学受験の学習で読解力を身につけてしまえば、この先自学自習するために必要な力を獲得したと考えても良いくらいです。読解力を身につける必要は、国語の成績は、読解力が身につくことにより向上するからです。

しっかり読む、丁寧に読む。しっかり読む訓練は、一文ずつ主語を見誤らないように始めます。徐々に文章の長さを増やしていき、段階を踏んで文章に対する抵抗をなくしていきます。初めは絵本などを読ませてみてから、どんなお話かを聞いてみる(要約させる)とよいでしょう。この時の答え方で、現時点の読解力が測れます。この作業は、マンツーマンで行う必要があるので国語指導ができる家庭教師と始めるとスムーズです。小学校1年生から2年生の間にしっかり丁寧に読む訓練ができれば、読書が嫌いなお子様でも国語の成績を上げる下地を作ることができます。また、同時に語彙を増やしていくことができるため、小学校低学年のマンツーマン読解力トレーニングは、本当の国語力を養う絶好の機会なのです。

ご両親の中には、学校の国語担当教師に質問しても腑に落ちる説明を受けられなかった経験がある方がいると思います。国語の先生の中には、生来の読解センスを生かして教職に就いたという方もいるため、生徒の「わからない」が「わからない」ということが起こります。家庭教師の場合は、「わからない」をとことん突き詰める時間的余裕があります。生徒と一対一での指導が優れている点は、ここなのです。国語の成績でお悩みなら、マンツーマン指導で読解力の見直しをしてみましょう。

答え方のパターンを身につける。問いに対する答えには、いくつかのパターンがあります。文章の中から解答となるべき個所を見つけても、答え方を間違えてしまえば結果的に得点できません。したがって、解答のパターンを身につけることはとても大切です。これは、丁寧に問題を解きそれを見直すという作業により身につきます。前述した読解力をつけるトレーニングのように、一対一でじっくりお子様の学習に付き合える家庭教師スタイルが最も効果的です。読解力と解答パターンをマスターすれば、国語に対するお子様の心象もプラスに変化していると思います。中学受験の国語対策は、遠回りのようでもこの二つの力を獲得すべくお子様をサポートしてあげてください。