中学受験の国語で漢字をマスターするのは重要なポイント

中学受験は対策一つで得点源とするものが作り出せます。漢字の読み書きは、問題を読み解くためにも重要なポイントでもあり、必ずと言っていいほど出題されるため、十分な理解を促すべきです。

漢字の学習は毎日の積み重ねが大切です。同じ問題を何度も繰り返しながら、瞬時に判断できるほどの習得が重要になります。曖昧な表現やわかりにくい書き順についても知っておくのがお勧めです。

抽象語の理解を深めることによって、文章全体の解釈もわかりやすくなります。似たような表現を用いる場合には幅広い知識を知っていなければ対応する語を引き出すことができなくなります。

1日10分からでも繰り返すことによって、短期記憶の積み重ねが中長期的なものへと繋がります。コツコツと経験を重ねることが、正しい知識を運用するには重要です。漢字はことばがわからなければ解くことはできません。

単なる記号として学ぶのではなく、意味とあわせて理解することによって、結びつきを深めながら学習を進めることができるようになります。大人が英語を理解する時にも、意味との結びつきは、運用する際にも大きな支えとなります。

漢字においても、少しでも意味からイメージを膨らませることができるようになれば、運用に対するプロセスも強固にすることができるのです。熟語や慣用句なども、意味と合わせて覚えていくことが、確実な運用へと繋がります。

試験には小学生が学ぶものしか出ないというのが通例ですが、難関校であれば発展的な知識をつけることも必要になります。しかし、一般的な中学受験で問われる漢字の問題は、小学生が学校で学ぶものからの出題がほとんどです。

一点集中型の学習ではなく、継続的に経験を積みながら、再度立ち返って学びなおすというスパイラルを組むことによって、忘れにくい知識が積めるのも漢字の特徴です。理解を深めることによって、長文読解にも役立つスキルになるため、中学受験を柔軟に対応させる基礎的な学力を支える働きを有しています。

「へん」や「つくり」など、漢字を分解して口頭で説明できるようになるということは、形態での理解が進んでいる証拠です。漢字の想起方法は、色々な手続きで行ったとしても対象のものが正しくイメージできると、運用に対する不安も少なくなります。

漢字に強くなるということは、国語力にも大きな効果を与えると共に、他の強化の問題を読み解く力にも発展します。多くの側面に波及するものだからこそ、小学校履修の漢字をマスターすることが求められるのです。