中学受験の国語の攻略は長文読解が大きな山となる

中学受験の国語力を推し量る上で、長文読解はどんな受験でも問われます。中学受験においても、国語を攻略する上でのスキルとしては必須。だからこそ、対策を立てた勉強方法が重要になるのです。

長文読解はとにかく慣れるということが重要です。しかし、単に文章を読んでいるだけでは意味がありません。他人に内容を説明することができる解釈する力が重要です。物語や説明文など、色々なスタンスの長文が存在しますが、どれも説明することができる力が、解決へと導きます。

特に頭の中で情景をイメージしながら読み進めることができるようになれば、設問に対する解答も適切になります。文面から抜粋するのは基本事項。それに必要なことばを加えて解答することによって、完璧なクオリティーができあがります。

問題を正しく解くことができないという場合には、自己表現が適切でないという場合が存在します。一番説明しなければならない部分を捉え、テーマに沿って読み進めることによって、本来伝えるべき見えない表現を知ることも可能になります。

どれだけ内容に寄り添っていけるかが、適切な解釈へと繋がります。特に文字制限を設けている場合には、設問と解答の対応を確認するのは非常に重要です。余計な表現を加えることによって、説明が不適切とされてしまうことがあるため、問題文に対応した解答に仕上げるスキルも必要になります。

毎日文章を読みながら、何を訴えているかを拾い集め、内容を説明するスキルを磨くことによって、長文読解に対する苦手意識は消失します。しかし、読む力を育てることも重要です。いくら内容理解ができたとしても、読み進めるスピードが遅ければ、ロスとして換算される時間も多くなってしまいます。

ある程度のスピードを維持しながら読み、同時に解釈に繋げる並行的な処理ができるようにならなければ、中学受験のような限られた時間内での処理が難しくなってしまうのです。それを促すには多くの文章に触れるのが一番。新聞記事に目を通したり、本を素早く黙読できる力を養うことも役立ちます。

時間に意識しながら効率をアップさせることによって、問題に費やすことができる持ち時間も増えます。できるだけ考える時間を確保したいのであれば、読むスピードにも意識を向けるべきです。全ての強化に波及する読解力を育むことは、全教科のボトムアップにも繋がります。だからこそ、カギとなるスキルを磨くことによって、国語の攻略を講じるべきなのです。