中学受験・中学入試の国語の攻略に文法の正しい理解は非常に大切

中学入試対策を分析すると、文法に関するスキルが重要であることがわかります。語彙力は国語に大きな影響を及ぼしますが、適切な運用を図るためには、文法の正しい理解が重要です。つまり、日本語力が問われるのが国語の試験なのです。

中学入試で聞かれることが多い問題を分析している参考書も併用することによって、優先的に学ぶことも可能になります。しかし、ことばというのは一つの表現が一つの意味に対応しているのではなく、似ている意味があったり、表現が違っても同じ意味を持っていたりする場合があります。角度を変えられるとわからないということが内容にするためにも、幅広いことばを知っておく必要があるのです。

小学生にとっては難しい表現であっても、国語の長文読解には用いられる場合が多いため、まずは色々なことばに触れておくことが必要になります。慣用句やことわざなどを知っておくことによって、文法の理解にも役立ちます。

最近は漫画形式で四字熟語や慣用句が扱われている書籍もあり、楽しみながら学習経験を重ねることができるものも販売されています。日常生活のあらゆる場面で学習のエッセンスが散りばめられているのは、負担を感じることなく受験対策を行うものとしても注目されています。

特に、リテラシー(読み書き能力)に関与するのが文法の仕組みです。実質的に文法を問う問題は少ないのですが、問題を正しく解くうえでは必要な概念です。文の仕組みを理解して解答することによって、無駄な表現が省かれ、設問に対する適切な解答を行うことができるようになるのです。

修飾語との関係や文節についてなどを学習することによって、文の成り立ちを分析しながら読み進めることも十分可能です。つまり、間接的に国語力の底上げを行ってくれるのが文法なのです。

国語に苦手意識を持っている場合には、文法構造を理解しないまま進んでいるケースが多いはずです。日本語力を身につけることによって、正しい解釈を促し、結果的に国語で問われる設問の本筋がわかるようになります。

コミュニケーションにも共通しますが、聞かれたことに対して適切に応える力がなければ、国語の攻略には至りません。日本語を正しく解釈するための文法操作ができなければ、適切な対応はできないということになります。

日本語の構造は複雑であり、言葉遣いなどによっても容易に姿を変えます。その真意を知ることによって、適切に対応することが、国語力へと繋がるのです。