中学受験とは

中学受験というのは、大きく分けて2つあることをご存知でしょうか?一つは、私立中学の中学受験が挙げられます。これは、一部地域では国立大付属中受験も含まれているタイプです。そして、もう一つは公立中高一貫校の中学受験です。中学受験と一口に言っても種類は様々なものがあるので、くれぐれも混同させないように注意をしてください。

どちらも中高一貫となっているのが主な共通点となっていて、学力テストにより選抜が行われていきます。国私立中学受験での試験科目には、国算理社や国算理や、国算の二科に分かれていることがあります。これらの勉強は、小学校で習う範囲よりも大きく超えているものがほとんどとなっているようです。ですので、塾で学習をして自宅学習で復習をするということが大切になってきます。

塾だけで学習をするだけでも十分と考えている人は多いようですが、実際には自宅学習も行った方が確実です。分からないことを分からないままにしておくと、次の勉強に進むのが困難になります。ですので、分からないところは自宅学習で潰しておくようにしてください。かなり勉強も難しくなっていますので、小学校で習う勉強と思っている方は注意が必要になります。

どのような問題が出るかというのは、それぞれの学校によって異なってきます。ですので、難易度の高い問題の出題がされる学校もありますので、レベルの高い問題を解く必要があるでしょう。小学校の学習指導要領の範囲内で出題をされるものもあるのですが、訓練もしっかりと行っておかなければ解けない問題が出てきたりします。ですので、塾に通い毎日自宅学習を行っておくということは必須なのです。

評判の高い学校となると、かなり勉強の難易度も高くなってきます。競争率は10倍を超えるようになる学校もあるようです。競争率の高い学校で中学受験を受けたいと考えていらっしゃる方は、自宅学習を欠かさないようにしてください。通信教育では対策講座が続々開設されているということですので、躓いたりした場合には利用をしてみると良いでしょう。

学校によってレベルも出題される問題も全く異なってきますので、それぞれの学校の問題に応じた対策をする必要があります。競争率の高い学校になると、塾と自宅での学習を行うことはほぼ必須となりますし、毎日勉強をする必要があるでしょう。逆に、競争率がそれほど高くない学校であれば、対策をするのは比較的簡単な場合が多いようです。