中学受験での夏休みの過ごし方

中学受験を目指している生徒は夏休みはどのように過ごすべきか。夏休みは一ヶ月以上もありますので、この長期休暇の過ごし方によっていろいろな部分が変わってくるのは言うまでもありません。だらけて過ごしてしまったら当然学力は低下します。それは、中学受験の成功から遠ざかると言っても良いでしょう。反対に夏休みもまるで学校に通っているかのように、むしろ学校に通わないからこそ日々行えない中学受験のための勉強を行える時間と考え、徹底的に勉強する。

そのような生徒であれば、中学受験の成功も可能性が高くなるのは言うまでもありません。夏休みの弊害として、どうしても「まったりムード」になってしまう点にあります。普段であれば起きたら支度を整えて学校に通わなければならないのですが、夏休みはその必要もありません。極端な話しではありますが、昼過ぎ・夕方まで寝ていても何か悪い事を行っている訳ではないのです。親としては「だらしがない」との叱責の一つや二つもしたくはなるでしょうが、子供だってたまにはゆっくり寝ていたい時もあるものです。

ですが、夏休みが怖いのはこのだらけた生活はもちろんですが、だらけた生活に慣れてしまうと、夏休みが明けた後、学校生活に順応出来なくなってしまうのです。一ヶ月以上も時間に追われない生活を送っていたのです。

夏休みが明けていきなり時間に追われる生活を強いられるようになると、夏休みのおかげで適応出来なくなってしまう子供も実は珍しくなかったりするのです。中学受験に於いて、これはマイナス以外の何者でもありません。ではこのような問題を起こさないためには何が必要になってくるのか。

まずは夏休みには夏休みの時間割を整えてみる事です。夏休みは学校に行かない分、自由な時間がとても増えます。日頃出来ない事を行う時間があるのですが、あまりにもだれた生活ですと夏休み明けに支障をきたす事になってしまいます。これでは本末転倒です。

このような事にならないために、夏休み専用の時間割を作るのです。勉強の時間、遊ぶ時間。まるで学校のように区切る事で、だれた生活を遅らせないようにするのです。学校のようにタイトに敷き詰める必要はありません。あくまでも夏休み明けに生活のリズムを崩さないためのものです。ですので、土日等は時間割を作らず、自由な時間にしてあげるのも良いでしょう。夏休みではあってもリラックスする時間は大切です。

また、勉強時間の確保としては、基本的に午前中に勉強させるようにすべきです。午前中の方が勉強効率が高いとされていますので、勉強は午前中行うべきです。中学受験を目指している場合には午後もしっかりと勉強すべきではありますが、午前は新しい事を覚える時間で午後は反復の時間といったように、勉強は勉強でも種類を分ける事で、より効率の良い勉強を行えるようになります。更に付け加えれば、学校の勉強ではなく、受験のための勉強が行えますので、中学受験に特化した勉強が可能です。

受験対策という点で考えると、夏休みほど貴重なものはありません。「夏を制するものは受験を制す」という古い言葉もありますが、この言葉は決して大げさなものではないのです。自分で時間割を作ったりが面倒だというのであれば、塾の夏期講習等に申し込むのが良いでしょう。普段塾に通っていない生徒でも、夏期講習だけは可能だったりするものです。特に中学受験に特化した塾の夏期講習の場合、やり遂げる事でレベルアップを成し遂げることが出来ます。場合によっては志望校のレベルも数段上がったりしますので、個別指導塾の夏期講習に通ってみるのも良いでしょう。夏休みの過ごし方は、とにかく大切だと知っておきましょう。