中学受験での志望校の決め方

中学受験に臨むと決めるだけでも大きな決断ではありますが、志望校をどうすべきなのか。これもまた、しっかりと考慮しなければならないものです。ですが、まだまだ小学生。何をしたいのかが見えている子供というのはなかなかいないのではないでしょうか。

高校受験、大学受験ともなればおぼろげではありますが、自分自身がどのような方向にすすむべきなのかが見えてくるでしょう。ですが中学受験ではまだまだ方向性が見えているという子供の方が稀なのではないでしょうか。ですので、志望校は子供だけではなく、親、個別指導塾に通っているのであれば塾の講師を交えた上で決めるべきですが、この中で現実的な判断材料となるのは言うまでも無く子供の学力です。

いくら入りたいと思っても学力次第ではそれも叶わぬ夢となってしまうのですから、まずは学力が問われる点は言うまでもありません。学力向上は、受験成功のためであると同時に、選択肢を増やすという点も含まれているのは言うまでもありません。個別指導塾の講師は提案ではなく、アドバイスです。志望している学校に受かりそうかどうかの判断ですとか、主体的なアドバイスではなく、客観的な、受動的なアドバイスをくれる所ですので、基本的には子供の学力とある程度の親の意向という事になるのですが、親の意向もまた、それなりに大切なものです。

子供の学力ありきではあるのですが、学力の範囲でどこに行けるのかを決めるのもまた、親の役目ではあります。

様々な考え方があるのですが、大学までエスカレーター式の所が良いという考えもあれば、とりあえず中高一貫の所が良いという人もいるでしょう。どこに進学してもらいたいかというのは、この点も大切です。大学までエスカレーター式ですと、中学受験さえ乗り越えれば以降の人生に於いて子供を受験のストレスから守る事が出来ます。

入学し、余程の事を起こさなければ大学卒業までは約束されているのですから、親からすればこれが一番理想かもしれません。中高一貫の場合、大学受験を行わなければならない事になりますので、それなら大学までエスカレーターの学校の方が良いと思うのも無理からぬ話ではありますが、大学までエスカレーターではあっても、大学は違う所にと思うケースも珍しくありません。他の大学、より高いレベルの大学に行きたい、やりたい事が見えたため、やりたい事が出来る大学に行きたい。このように考える人もいるでしょう。

ですので、一概にどれが良いのかというのはなかなか簡単に判断出来るものではないのですが、親からすればエスカレーター式の学校にと思うのも当然でしょう。むしろそのために中学受験を頑張らせているという親が多いのではないでしょうか。ですが、高校受験を控える事が出来るだけでもとても大きなメリットです。

また、どこかで競争を経験する事もまた、人間としては必要な事です。ですので、高校までで十分という声も多々あります。中学受験は親からのプレゼントのようなもので、大学受験は自分の意思。このように考えている親も多いと言われています。親からすれば、大学までエスカレーターの方がそこまで受験から開放されるのだから良いのではないかと思うかもしれません。

確かにそれも一理あるのですが、中高一貫教育の中で自分自身がどのような方向に進みたいのかが見えてくる生徒も多いです。大学までエスカレーターの場合、案外選択肢という点では決められてしまう部分もあるのですが、中高一貫程度の方が子供の選択肢・可能性が広いとも言われています。どちらを選ぶかは最終的には子供の学力によりますが、親としては、子供が進む所を寛容するくらいの気持ちでいるべきでしょう。