中学受験の算数の勉強方法

算数こそ成績に於いてもっとも差が出る強化と言われています。中学受験に於いてもっとも勉強しなければならない教科とも言われているのが数学ですが、では数学の勉強方法はと言えば、やはりこれは反復になります。反復によって自分のものになるのですが、闇雲に反復だけ行えば良いかと言えば、それもまた違うのです。算数は基本が大切です。基本が解っていない反復は意味がありません。例え正解を導けたとしても、偶然と言っても過言ではありません。

算数は言うなればパズルのようなものです。論理的思考が求められるものですから、暗記だけでは意味がありません。基本をしっかりと理解した上で、その基本をどのように応用するのか。これが求められるため、とても難しい教科なのです。また、算数の傾向として、基本問題は答えられるものの、応用問題になると全然解らなくなるという生徒がとても多いです。これは、手厳しい言い方をしてしまうと、応用力が無いという事になります。応用力は基本の応用になりますので、基本が出来ていなければならないのは言うまでも無いのですが、応用は様々な形がありますので、暗記はもちろんですが、応用する力が求められるのです。特に中学受験の場合、応用問題がとても多いです。中学校側としても、基本など出来ていて当たり前に思っています。

どのような応用力を持っているのかを見たいのですから、試験問題が応用問題ばかりとなってしまうのは当然です。この応用力をどのような形で伸ばしていくのか。

これはとにかくいろいろな問題を解いて勉強すべきですが、ここで注意すべきは問題を解く事が大切なのではなく、問題の「仕組み」を理解する事です。一番もったいないのが、よく解らないけど適当に答えを出したら正解だったというケース。

この場合、なまじ正解しているため、なぜ正解したのかまで勉強しません。間違えている問題の場合、「なぜ間違えたのか」をしっかりと追求しますので、理解する事も出来るのですが、偶然正解してしまうと、間違っている問題ほど真剣に取り組まなくなってしまうのです。問題視しないため、実はあまり解っていないものの、解った振りをしてしまう。これは「解っていない」のですが、正解してしまっているため、自分では「解った」となってしまうのです。そのため、ただ問題を解くのではなく、なぜそのような答えになるのか。論理的に説明出来るようになると、「理解」していると言えます。

ですが、しっかりと説明出来ない場合、理解しているとは言えません。なぜその答えになるのか。解答を見ながらでも良いですから、理屈の部分を理解出来るようにならなければ意味がありません。勉強の時間はどれだけ失敗しても良いのです。試験に合格する事が目的であって、勉強の時間に間違えない事ではないはずです。算数の場合特にそれが言えます。とにかく間違えた方が良いくらいなのです。間違える事が悪いのではなく、なぜ間違えたのかをしっかりと理解し、では正解はどのような形なのか。個別指導塾ですとそこまで教えてくれます。

どのような理屈で正解を導くのか。ここまで理解出来てこそ「理解」なのです。論理的思考というのはまだまだ身につけるのが難しい年代ではありますが、算数は中学受験に於いてもっとも点数に差が出る部分とも言われています。算数で高得点を取れるようになるとかなり有利です。それだけ苦手意識を持ってしまっている人が多い事の裏返しでもあるのですが、まずは算数は「必ず答えが決まっている」という点をしっかりと意識させる事です。他の教科の様にニュアンスが求められているのではなく、あくまでも「一つの答え」だけを求められるものですから、その点でもパズルに似ています。算数が苦手な生徒には、パズルを解かせると良いでしょう。