中学受験のための効率重視の勉強法

効率よく勉強をしていかなければ、まず中学受験で合格をすることはできません。なぜなら、中学受験をされる人は皆効率重視の勉強法で勉強をしているからなのです。効率重視の勉強法というのは、中学受験に必要不可欠な情報だけに重点を置いて集中的に勉強をする方法のことです。また、勉強法は分野別によっても全く異なってきますので、それぞれで勉強法を変えていかなければなりません。

例えば、社会の勉強法なのですが、暗記に注意をしていく必要があります。特に社会は、覚えるところがかなり多いので、暗記科目と呼ばれている科目の一つです。それだけに、莫大な量の情報を一度に暗記することのできるスキルが必要となります。入試問題では、思考力や応用力が必要となってきますので暗記だけでは合格をすることができません。しっかりと思考力と応用力の両方を身に付けておくようにしてください。

この2つを同時に養うための勉強法なのですが、まず長文を読んで内容に関する知識を付ける練習をすることが大切です。長文を読むということは、すなわち、読解力を身に付けるということになりますのでとても効果的な方法と言えるでしょう。また、時事問題に関連する知識を解答させるような問題も出てきますので、時事問題について調べておく必要もあります。地理や歴史、公民、時事などのあらゆる分野の知識を要する問題も数多く出題されてきます。ですので、社会と言ったら暗記に徹するだけで良いという考えは捨てなければなりません。社会の勉強では、この点に注意して進めていくようにしてください。

他にも、苦手分野を作らないようにすることも肝心です。様々な知識が必要となってくる社会の勉強では、苦手分野があるとそれだけで理解をすることができなくなるからです。苦手な分野があれば、しっかりと一つ一つ学習をして理解力を高めておくことが大切でしょう。地理の勉強であれば、日本地図を頭に入れておくだけで大丈夫です。地図を読むことができない人も多いのですが、日本地図を大まかにでも頭に入れておくことができれば、かなり中学受験で有利になります。歴史も、効率重視で重要事項を覚えて大きな流れを掴んでいきましょう。公民は、組織や制度の構造を理解できるようになっておく必要があります。時事問題では、日頃から新聞を読んだり、テレビやインターネットで時事問題について調べておく姿勢を身に付けておくことが大切でしょう。