中学受験の子供のモチベーションを持たせる

どのような受験も決して楽なものではありません。中学、高校、大学。どの受験の方が楽とか、どの受験はそこまで大変ではないといったものではありません。どの受験もそれぞれ大変なものですが、中学受験に関しては生徒のモチベーションを保つ事もとても大切になってきます。高校受験、大学受験ともなると、生徒自身も受験の意義をしっかりと見出しています。

勉強にしても、自分自身で「大切な事」だと実感した上で取り組む事が出来るのですが、中学受験となるとまだまだ勉強の大切さが解りません。更には、受験しなくとも行く中学はあるのです。公立の中学に進む事だって出来るのですし、公立の中学に進学する場合、勉強しなくとも良いのです。

小学生の子供からすれば、まだまだ遊びたい年頃ですし、お友達が遊んでいる中で自分だけ勉強を行うのはモチベーションを保つのがとても難しいものです。ですが勉強の効率を高めるためには勉強は不可欠です。更には嫌々勉強するのではなく、集中して勉強に取り組まなければ成果は出ません。集中した上で行う勉強と、惰性で行う勉強とでは成果はまったく違うものになります。よく「中学受験成功のためには何時間くらい勉強すれば良いのか」との疑問を抱いている親御さんは多いのですが、この答えは実はなかなか出せないものなのです。集中していない状態でだらだら長時間勉強するよりも、集中した状態で短時間勉強した方が効率は良いのです。個別指導塾に通うのも手です。

ですから理想を言えば集中して長時間勉強する事ですが、小学生にとってはなかなか難しいのも事実です。ましてや他の友達が遊んでいる中で自分だけ勉強に向かうのはなかなか簡単ではありません。そのため、周囲が生徒のモチベーションを高めてあげるのも大切です。例えば合格したら何かご褒美をあげる。受験勉強のためにいろいろな物を犠牲にする事になるのですから、受験が終わった時くらいは好きな事をさせてあげたり、何も言わずに、望む事を行わせてあげる。甘やかしているだけなのではないかと思う親御さんもいるかもしれませんが、目的が無ければ頑張れないものです。ましてや中学受験の場合、頑張らなくとも良いのです。

大学生の就職活動のように、見つけなければ何も無いわけではなく、受験に失敗したら失敗したで公立の学校に進む事になるだけですので、親御さんとしては大きなショックでしょうが、当の本人からすればそこまでのショックではないケースもあるのです。

そのため、モチベーションを持たせたり、保たせたりする事はとても大切です。「人参をぶら下げる」ではないですが、解りやすい形でのご褒美をぶら下げる事はとても大切です。小学生です。中学受験が人生にどれだけ大きな影響を及ぼすのかといった理屈を説明しても、本当の意味でしっかりと理解する事が出来るとはなかなか考えられません。ゲームソフトでも良いです。下品な方法と思うかもしれませんが、小学生が遊ぶ時間・友達との時間を削って勉強に向かう事がどれだけ大変な事なのかは、親としてしっかりと理解しておかなければなりません。

親の考えばかりを押し付けてしまうと、子供としてもついつい反抗してしまうものです。ましてや小学校高学年ともなれば自我もしっかりとしています。あまりにも押し付けすぎると、中学受験そのものを辞めると言い出しかねません。この点のコントロールは親側がしっかりと行ってあげなければならない部分です。

まだまだ感情に流されやすい小学校高学年というお年頃なのですから、親側がしっかりとコントロールしてあげましょう。そのために、人参をぶら下げるのは決して悪い事ではありません。気持ちが変化しやすい小学生なのですから、むしろ良い効果をもたらすはずです。