中学受験では塾に通わせるのが当たり前?

受験をする時には、子供を塾に通わせているという親はかなり多いのではないでしょうか?中学受験が近いのですから、塾に通わせて本格的に勉強をさせた方が良いと考えている人も少なくありません。しかし、中学受験は塾に頼らずとも合格をすることは十分に可能ですし、必ずしも塾に通わせなければいけないというわけでもないのです。でも、そういう人達がどのような学習法で勉強をしているのかが分からないという人もいます。

塾に通わずに勉強をして中学受験を受けるわけなのですから、必然的に自宅での学習に力を入れているということになります。自宅学習は塾で習ったことをおさらいするためにも重要なことなのですが、基礎基本の勉強をする上でもとても大切なことなのです。塾に通わせなくても、親がしっかりと子供をサポートしてあげることができれば、十分に勉強はできますし、環境も整っていると言えるでしょう。

もちろん、塾に通いたくないという子供もいますので、皆が皆塾に通っているということもありません。性格的に塾が苦手だったり、健康上の問題があったりする場合もあるのです。そのような時には、無理に塾通いをさせる必要はないでしょう。性格的に合わなかったり、健康上の問題などで通うことができない場合には、自宅学習に力を入れることができます。自宅学習では、親が勉強を教えてあげることだけではなく、通信教育も受けることができますので効率的に勉強をすることができるでしょう。通信教育では、自分のペースでゆっくりと学習をすることができますので精神的にも負担になりません。
他にも、家庭教師を呼んで自宅で学習を徹底的に行うという方法もあります。子供がどの方法で勉強をしたいのかという意思を聞きながら、上手に勉強できる環境を作ってあげていってください。勉強に集中して中学受験を成功させるためには、勉強のできる環境づくりをすることもとても大切なことなのです。

このように、塾に通わずとも自宅学習に力を入れることによって、中学受験を成功させることができるのです。塾に通うと、人間関係によるストレスを受けることもあります。これがかえって、勉強の妨げになってしまうことがあるので、お子さんの性格によっては自宅学習をした方が良いこともあります。ただ、勉強に対するモチベーションが低くなってしまったりしたら、親がしっかりとサポートをしてあげましょう。もちろん、精神面も勉強面もそうです。家庭教師を呼んでいる場合は、ある程度は家庭教師に任せることができるでしょう。しかし、それでも子供は勉強に躓いてしまうことがありますので、分からないところはないという具合に子供を助けてあげるようにしてください。