中学受験は何年生から意識するのか

中学受験は何年生から意識するものなのか。これは本当に様々ですので、一概には言えません。実は、中学受験を目指し、合格した子供をお持ちの親へのアンケート等でも、いつから意識したかという設問に対しての答えはかなりまばらなのです。

小学校3年生の時から中学受験に特化した個別指導塾に通わせていたというケースもあれば、6年の時の成績が良く、力試し的に受けてみたら合格したというケースすらあります。また、寸前まで迷ったものの回避したというケースもあります。このように、ケースバイケースですが、一般的には5年に上がる頃には既に意識しているケースが多いと言われています。さすがに3年から意識し始めるのは早いですが、6年からでは遅いとも言われています。中学受験の場合、やはり中学受験用の勉強をしなければなかなか簡単には合格する事は出来ません。物凄く優秀であれば話しは別ですが、学校の勉強だけで合格出来る程甘いものではないとも言われています。

そのため、それ相応の準備が必要ではあるのですが、6年からでは遅いとされているのです。中学受験に特化した塾の中には、5年終了時には既に6年までの学校の授業を終わらせている所もあるのです。そのため、6年の時は学校の復習でも予習でもなく、とにかく受験に特化した勉強を行う。

そのようなケースもあるのです。もちろんいつから始めるかは自由ですし、早く意識して準備を始めたら必ず合格するとも限りません。3年生の頃から塾に入っていたものの、結局公立の学校に進む事になったというケースもありますし、中学受験に特化した訳ではないものの、塾に通っていたら成績が良いからという事で、特に受験用の勉強をしていた訳ではないのに合格し、私立の中学に進む事になったというケースだってありますので、準備が早ければ良いとは言えません。

ですが、それらのケースはあくまでもレアケースとして考えるべきでしょう。元々優秀だったのでしょう。やはりそれ相応の準備が大切です。もちろん理想は先に話したように、学校の勉強だけを行い、特に中学受験を意識していた訳ではないものの、受験してみたら合格したというケースでしょう。この場合、教師としても感動を覚える事間違いないでしょうが、このようなケースはそうそうありません。だからこそ感動するのですが、中学受験はそこまで甘いものではないのです。

小学校は6年間通う事になるのですが、成長期でもありますので、一年の重みというのはとても大きいものがあります。そのため、一年間の勉強でも大きな差が出るのです。だからこそ、出来れば5年生の間には決意しておくべきという声が圧倒的に多いのです。4年生までの生活の中で、中学受験を目指すか、あるいは公立に通うか。

生徒だけではなく、親の思いもあるでしょうから、なかなか決断出来ない事も珍しい話ではありません。親としても、いつから始めるべきうなのかは、経験が無い以上解らない事も多々あるでしょうが、やはり遅くとも6年に上がる時にはどうすべきなのかくらいは決めておくべきでしょう。

考えるのが面倒だからこそ、3年や4年といった早い段階で中学受験に特化した塾に入れてしまうというケースもあるようです。そのような塾に入れておけば、意識するしないではなく、受験そのものが「規定路線」として扱われる事になるでしょうから、中学受験がまるで自然のもののように向き合う事が出来るはずです。決意一つとっても簡単ではないのですが、決意するタイミングが遅れれば遅れるほど不利になっていくという事実があるのも忘れてはなりません。子供からすればそのような選択はとても難しいものでしょうが、避けて通れないものなのです。