中学受験ではルーティン学習が必須

普段の勉強でも中学受験でもしっかりと心がけて行わなければならないことがあります。それは、基礎基本に則った毎日の反復学習をするということで、新しい単元の勉強をするよりも大切なことなのです。以前に勉強した部分を忘れてしまうと、中学受験では成績を上げることができません。できるだけ無理なく、毎日反復学習をして、記憶していくことが大切なのです。

単元ごとのテストで成績が良くても、模試や難しい問題の多い試験では成績が悪くなるという人は、この反復学習を行っていない場合が多いのです。ですので、普段の勉強もそうなのですが、中学受験では特に反復学習に力を入れていくようにしてください。

無理して反復学習をしていても頭には入ってきません。ではどうすれば良いのかと言うと、毎日決まった時間にルーティン学習を行うという方法が効果的です。自分がこれならできそうという決まった時間を設定して、その上で反復学習をしていくだけで良いのです。10分でも5分でも良いので、ルーティン学習を毎日繰り返していくことで中学受験が有利になっていきます。

そして、中学受験に必要な勉強だけに集中して行っていくことで、効率も上げることができます。この二つを徹底して行うことで、中学受験では他のライバル達にかなり大きな差をつけることができるようになるでしょう。間違った勉強法としては、一度に総合的な復習をしようとする行為です。一度にまとめて復習をしようとしても頭には入ってきません。ですので、毎日5分でも10分でも良いので少しずつ無理のないように反復学習を行うのが効果的な方法なのです。一日の時間としては非常に短くて効果が出ないように思われるかもしれませんが、1ヶ月目ではかなり大きな勉強量となるのです。この勉強法が中学受験に繋がっていくのだと信じて、毎日勉強を行うようにしてください。

ちなみに、ルーティン学習を行う時間は自分の都合の良い時間帯で構いません。また、10分でも15分でも毎日行うという行為に大きな意味がありますので、必ず自分が設定をした時間反復学習を行うようにしてみてください。これで、一度勉強した部分が頭の中にしっかりと記憶されるようになるので、単元のないテストや試験で大きな効果を発揮してくれるでしょう。この勉強法を毎日繰り返していき、中学受験で成績を上げていくように心がけてみてください。中学受験では、中学受験に必要な勉強とルーティン学習を行うということがとても大切なことと言えます。