中学受験のその後まで考える

中学受験はとても大変なものではありますが、決してゴールではありません。この点は勘違いしてはならないのですが、決してゴールではありません。これは親も子供も同様です。入れば終わりではなく、入ってからこそが本当の勝負でもあるのですが、大きなハードルであるがために、どうしても中学受験に全てを注いでしまう傾向にあります。悪い事ではないのですが、よくよく考えてみてください。中学受験が全てではありません。中学受験には成功しなかったものの、後に大成功を収めている人は珍しくありません。

だから失敗しても良いという事ではありません。挽回が可能だという事で、あまりのめり込み過ぎないという点です。特に親です。子供は必死に勉強していますが、親は何も出来ません。だからこそ、ついつい過剰なまでに支えようとしてしまったり、ともすると子供から「黙っていて」と思われるほどにあれこれ口出ししたりと行った事もあるでしょう。悪意からではなく、あくまでも善意からではあるのですが、親の立場からすれば複雑です。

そもそも、中学受験を目指す上で子供から受験したいと申し出るケースというのはそうそうありません。親の意向が大きく反映されているのは言うまでもありません。ですが提案するものの、子供だけが頑張っている姿を見ると、自分も何かしなければならないという思いから、過剰なまでに何かをと考えてしまうのも解らない話ではないのですが、中学受験が全てではありません。

まずはその気持ちを持ちましょう。そして中学受験に成功した後にはどのような人生を歩んで欲しいのか。どのような学生生活を送って欲しいのか。それもまた、子供としっかりとコミュニケーションを取っておくべきです。子供からすれば、中学受験を強いられ、頑張って勉強する。

これしか出来ないのです。そもそもなぜ受験するのかさえよく解らないという子供もいるのです。ですから、受験する上で、何が良いのか。そして合格したら何が待ってるのか。どのような事が出来るのか。その部分というのは親でしか解らない部分です。子供はまだまだその部分まで解らないのですから、親がいろいろと提案し、子供にいろいろなものを見せてあげなければならないのです。なぜ中学受験するのかをしっかりと説明出来ない場合、子供としても勉強のモチベーションが固まりません。ですがなぜ受験するのかが明確であれば、子供心に目的を立てやすいものです。

「合格して○○をしたい」「合格したら○○を目指したい」といったように、具体的な目的があった方がモチベーションも保ちやすいのです。「合格のために」だけですと、そもそもなぜ合格しなければならないのかと言われた時、受験そのものに対して疑問を抱いてしまう可能性もあります。

これは受験の話しだけではないはずです。どのような事であっても、目的が具体的な方がモチベーションは保ちやすいものです。資格試験にしても「合格したい」よりも「合格して独立開業したい」と思っている人の方が意欲の面も違ってくるものです。目的を具体的に持たせてあげる事が出来るのはやはり親です。ともすると、親としてもなぜ受験をさせるのか説明出来ないケースもあるかもしれません。ですがそれでは意味がありません。子供にモチベーションを与える事は出来ません。個別指導塾でも難しいのです。

受験を提案する以上、合格すると何が待っているのか。どのようなメリットがあるのか。言いくるめるのではなく、説得すべきです。これが出来るかどうかでモチベーションが変わるのですから、受験が成功するかどうかだって変わってくるのです。ここまで意識している親はあまりいないとも言われていますが、むしろこの部分を提示出来ると、受験も良い方向に進むのです。