地理の苦手意識を克服して中学受験の社会を攻略する

中学受験の地理がどうしても苦手としており、歴史や公民の分野を頑張ろうと思っている場合には、考えを改める必要があります。歴史も公民も、地理の知識を運用しながら進めなければならないものが多いため、まずは地理の苦手を克服する必要があるのです。

学校の授業においてもはじめの方に地理を学ぶのには、後の歴史や公民にも、地理で学んだものを使いながら学習を深めるからこそ、適切な順番が組まれているのです。

中学受験の地理で一番してはいけないのが見るだけの学習です。視覚的な処理能力を鍛えたとしても、問題文に沿って解決する力を養っておかなければ、適切な答えを見つけることは不可能です。多くの問題を解くためには、地図が自分で描けるようになるほど精巧な記憶が重要になります。可能であれば、対象の地理を自分で説明できるようになるまで、手書きで地図を書く努力をすべきです。

地図を描きながら学習することによって、対応する地域についての名称を覚えるだけでなく、周囲の関係性から特色が見えてくることも少なくありません。関連付けを行うことによって、記憶できる範囲は大きく広がります。

社会を上手に攻略するのであれば、関連付けを行いながら学習を進める必要があります。特に地理は苦手意識を抱かないように、色々な側面から背景をイメージできる手がかりを頭に閉まっておくべきなのです。

漢字が表す意味的背景も知っていれば、地名の成り立ちも簡単に記憶できます。無意味に地名を覚えるのではなく、歴史が紡いできたものを把握するだけでも、今まで壁にあたっていたものが解消されます。

地理の知識を拡大するためにも、多くの特徴を知っておかなければなりません。算数や国語とは違って、決まったものを覚えておくことによって点数アップは容易に行えます。だからこそ、手を抜くことなく得意科目として中学受験に望む体制を作るためにも、地理を得意分野として仕立て上げることは、難関校の突破にも大きな役目を果たしてくれるのではないでしょうか。

地理の知識が社会の得点に直結することは、歴史や公民など、それぞれの教科を学ぶことによってはっきりします。どちらの教科も地理的な解釈が背景には存在し、理解の手助けにもなるからこそ、地理の重要性は中学受験の要でもあります。

地形や農業・工業などの特色を合わせて、主要都市や人口など、多くの肉付けを行うことが、地理の覚えにくさを助けてくれます。それが大きな武器になることは、実際の試験で実感できるのではないでしょうか。