高校留学を実践する意義

柔軟に経験をものにすることができる時期に、母国語と文化を身に付けた上で、新たな語学と文化に触れるのは非常に大きな効果があります。吸収力がアップしている状況を上手に活用して、新たな語学を拡大するための一つの手段が、高校留学となるのです。

高校留学には交換留学と準交換留学、進学や卒業目的の留学が存在します。つまり、日本の高校に在籍しながら1年間という限られた期間留学をするものと、日本の航行に在籍せずに、1年もしくは卒業するまでの期間留まることができるものとに分かれます。

それぞれの定義や参加費、申し込みの期間やその後の在学・卒業に対する流れは異なります。しかし、いずれも共通しているのが異文化環境に触れることによって、生きた言語を獲得することが大きな目標になります。

まずは今後の計画を明確に決めることによって、どのようなスタンスでの留学が適切であるかが判断できます。

そのための計画を立てることが、高校留学に対する心構えを養うと共に、明確なビジョンの元、多くの経験を吸収する体制が作れます。留学の目的は何かによって、選択すべき国や地域も異なります。

自分にとってどのようなプログラム・教育環境が望ましいかを絞り込むためには、海外へ望むものをしっかりと消化しなければなりません。また、留学後の進路についてをしっかりと考えておかなければ、せっかくの経験が人生に生かされないということにもなってしまいます。

高校留学は交換留学のように、授業料や滞在費が無償であるものから、進学や卒業目的の留学のように、全て自己負担で費用を工面しなければならないものも存在。経済的負担についても軽視できない問題です。

しかし、全てはこれからの人生において、高校留学した経験が社会活動に役立つようにするための決断だからこそ、吸収力の早い段階で新たな環境に触れることが、語学の獲得には最も効果があるとされています。

生活スタイルも使っている言語も全く違った環境での生活は、いろいろな意味で刺激的です。今まで当たり前だった概念が、海外では全く異なることにカルチャーショックを受ける時期があるかもしれません。それでも、日本では体験することができないものがあふれている海外に視野を広げることによって、得られるものは非常に大きいことが期待できます。

高校留学の意義としては、日本の高校では得ることができないものが濃縮されているからこそ、時代を担う責任ある大人になるためにも、多くの経験を積むことができる場としての認識が必要なのです。